メニューを閉じる

神戸、芦屋、西宮、大阪(北部)、大阪市内のお掃除・お料理・整理収納代行サービスなら

「低価格・高品質」の家事代行サービスをご提供します。1時間2,180円からのゆとり生活を全ての方に。

各種カード利用可能 各種カードご利用可
キャンペーン実施中!入会金0円+今ならさらに!トライアル2時間 交通費・税込 5,000円! キャンペーン実施中!入会金0円+今ならさらに!トライアル2時間 交通費・税込 5,000円!

お掃除・生活の豆知識

Cleaning · Tips on living
赤ちゃんが口に入れたおもちゃのお手入れ方法!

赤ちゃんや、小さな子どもはオモチャをついつい口に持っていって、なめたりかじったりしてしまうもの。赤ちゃんはなめることによって、その形態が何であるか把握する大切な成長過程の一つです。

 

でも、そんな湿ったままのオモチャをお手入れせずに使い続けると、雑菌が繁殖して菌の温床になってしまいます。

お子さんのために、きちんと定期的に洗って清潔に保つ方法を本日はご紹介します。

 

 

1、プラスチックのおもちゃ

赤ちゃんや子供がなめてしまうおもちゃナンバー1。子供のおもちゃに多い素材なのはもちろん、サッと洗える素材だから、ついつい水で流しておしまいという方も多いかもしれませんが、たまには食器用洗剤とスポンジを使って洗ってあげましょう。洗剤はきちんと流すのがポイントです。赤ちゃん専用洗剤を使うとなお良いかもしれません。

 

2、ぬいぐるみ

 

かわいいぬいぐるみですが、実はホコリやダニの温床になりやすく、喘息やアレルギーの原因になることもあります。なので、きちんと定期的に洗ってホコリやダニの繁殖を防ぐことが大切です。

洗えるぬいぐるみは、洗濯洗剤や柔軟剤を入れたぬるま湯につけ置きし、優しく押し洗いしましょう。電池などが搭載された洗えないぬいぐるみは固く絞ったタオルで全体を拭き取った後、太陽の光でしっかり乾燥させ掃除機でダニを吸い取りましょう。

 

3、木のおもちゃ

 

自然や体にも優しく、使うほどにぬくもりが増す木のオモチャ。しかし、自然の素材が素材だからこそカビやすく、湿気は天敵です。普段からしっかり乾燥させることを心がけて、大切に使いましょう。特に塗装されていないオモチャはカビが生えがち。もし一部に生えてしまったら、カビ部分を紙ヤスリで削れば長く使うことができます。

 

赤ちゃんのおもちゃのお手入れ方法いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんのおもちゃのお手入れは、そのおもちゃも洗剤はよくすすいでしっかりと乾燥させることがポイントです。是非お試しください!